保湿とバリア機能向上

アトピーにお悩みの方々の皮膚は総じて乾燥肌であり、自己保湿力が健康な状態の皮膚の方々と比較して低いため、皮膚の表面上からの水分蒸発を防ぐ事が出来ず、慢性的な乾燥状態が招く痒みなどの違和感に耐え切れず、掻いて新たな傷をつけ、そこが化膿する悪循環に陥るリスクが避けられません。

自力で必要十分な水分が確保出来ない以上、保湿対策を施し、痒みを軽減せねばなりませんが、この対処に際して誤った解釈から間違った方法を実践される方々が見られ、十分な注意と正しい知識の確認が求められます。

先ずは清潔感を保つ目的での洗顔回数過多や、アトピー肌に不合致な石鹸類を用いてしまうパターンが見逃せません。洗顔で皮膚が濡れればイコール水分が豊富な状態との解釈は大きな間違いで、特に汚れを落とす効果を有する洗顔石鹸を用いて洗顔すれば、皮膚表面はより一層乾燥状態となってしまいます。保質に際してはアトピー肌に用いても安全が確認される保湿剤を正しくチョイス、皮膚に無用な刺激を与えぬ正しい方法、継続的な保湿効果を与え続ける姿勢が不可欠です。この保湿が次第に失われていたバリア機能を復活から向上させます。焦らず着実な効能の実感を見据えて習慣化してください。

また、保湿剤に関しても、肌の浸透力を高めるスキンケア用品を事前に使用することで、より優れた保湿効果を得ることが出来ます。保湿をしてもすぐに乾燥してしまうのではまったく意味がありません。水分を沢山吸収できる肌状態にしてから、保湿する。これもまた、乾燥を防ぐ保湿対策の一つなのです。

参考-みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~アトケアタイプ~

Copyright アトピー肌のスキンケアには保湿が不可欠 2017
Tech Nerd theme designed by FixedWidget