乾燥肌の程度別ケア

アトピー発症に直結するリスクが避けられぬ乾燥肌のケアに際しても、乾燥の程度すなわち肌のコンディションによって、ベストマッチな保湿方法が異なります。自身の肌が健康な状態と比較して、どの程度悪化しているのかを冷静に見極め、適材適所のケアの実践が求められます。

先ずは皮膚表面に具体的な傷の発症が未だ確認されない、単なる乾燥状態の初期段階であれば、化粧水を用いた上でクリームを塗布する順番で保湿してください。クリームでは直ぐに乾燥してしまう場合は肌に安全なオイルを用いるのも一案です。次に乾燥度合いが強い場合は、前期の処置プラス、ワセリンのような固形オイル、もしくはホホバオイルなど半液体状のどろり系オイルを塗布から、皮膚表面の湿度を保ってください。

また皮膚に傷や炎症が確認される場合は、オイル系の保湿剤を優しく塗布し、傷口にオイルが沁みる場合にはミネラルウォーターを直接患部に塗布してください。その他傷や炎症が見られぬ部分には、上記同様化粧水プラスクリームなど、部位の状況を細かく区分けして判断からの保湿を実践してください。私達の肌は各部位に於いて異なるコンディションとなっているケースも多く、一色単に1つの保質対策を施すのは必ずしも得策とは言えません。

Copyright アトピー肌のスキンケアには保湿が不可欠 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner